ホーム制作事例 > 一宮市立市民病院 公式サイト

一宮市立市民病院 公式サイト

http://municipal-hospital.ichinomiya.aichi.jp/

STAFF Director/Yokoi
Design/Yokoi
Coding/Kobayashi
DATE 2017/3
CATEGORY Corprate Site/Service
WORK デザイン及びコーディング
MECHANISM WordPress(Open source)

背景

病院のウェブサイトは、従来のホームページ作成ソフトを利用して作成しており、リアルタイム性に欠け、またタブレット、スマートフォンへの対応もなされていないため、ウェブサイト更新システム(CMS)を導入し全面的にリニューアルすることを検討されていました。

仕様・設計

CMSはWordPressを採用。更新がしやすいようにパーツのテンプレート化。

WordPressを使っても、固定ページのデザインを変更したりするのは知識が必要でしたが、ページに内に使われているバーやレイアウト、スタッフ1人分のコンテンツ、表など10種類以上のパーツをCSSごとテンプレート化して、そのパーツを組み合わせることでページを作成できるようにしました。パーツをテンプレート化することでオリジナルのレイアウトであるにも関わらず他のページとデザインや色合いの整合性が取れる仕組みになっています。

制作コンセプト

シンプルなデザインで「見やすく」、「わかりやすく」、「使いやすい」 をコンセプトに。

総合病院、総合医療機関の特徴はコンテンツ量が他のサイトに比べて莫大に多いことが挙げられます。
こういったサイトで重要なことは情報を整理し、いかにわかりやすくデザインするかが重要です。
デザインに凝りすぎると、どこになにあるのか分かりづらくなることもあるので、シンプルにデザインし利用者(患者様)に使いやすいサイトを心がけました。

 

  1. animostyle
  2. digitalarchive